Share on Facebook

大串真徳先生

2014年9月13日(土)より「くらしの相談会」がスタートします。

今後毎月第2土曜日の午後2時からの定期開催の予定です。

講師は大串真徳先生(大串真徳行政書士事務所:大阪市北区太融寺)です。


第1回「くらしの相談会」

相談会当日はまず下記の「予防法務クイズ」から。
予告編として少し掲載しますね(当日は全38問!)

遺言、相続、後見等に関するクイズです。
○×でお答え下さい。

  1. 死亡した人が、自分で書いた遺言書が複数見つかった。遺言書の内容に矛盾がある場合には、どの遺言書が有効か確定できないので、全ての遺言が無効となる。
  2. 遺言書に記載した財産は、いざ、遺言書の内容を実行する際に、その財産が無くなっていてはいけないので、遺言書に記載してからは、勝手に処分したりできない。
  3. 遺言書は、夫婦や親子等が一緒になって、一つの用紙に記載して、共同(連名)で遺言することができる。
  4. 自分で書いた遺言書(自筆証書遺言)は、封筒に入れて封印してなければ無効である。
  5. 遺言をすれば、最終的に、自分の財産は全て自分の思う通りに相続や遺贈をさせることができる。

などなどです。

そして「相続の基礎知識」

  1. 相続とは?
  2. 相続の範囲は?
  3. 相続は、いつ始まるのか?
  4. 誰が相続できるのか?
  5. 遺言がない場合、相続の割合は?
  6. 孫やおい、めいがいる時の相続は(=代襲相続)?
  7. 相続で引き継ぐものの内容は?
  8. 相続は必ずしなければならないのか?
  9. 遺留分とは?
  10. 寄与分、特別受益とは?
  11. 相続させたくない者がいる場合には?
  12. 相続人がいない場合は?
  13. 遺産分割協議のやり方は?

いざというときにとっても役立つ知識ばかりですね。
セミナーは1時間程度、そのあと質問や個々の相談に応じていただきます。

Share on Facebook

Share on Facebook

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Share on Facebook

Share on Facebook

教室周辺にお配りするチラシができました
これを見てきていただいた方にはちょっとしたお楽しみがあります

チラシができました

tirasi_ura201409

上の画像をクリックすると大きくなります

Share on Facebook

PAGE TOP